入社祝い金の仕組みと貰い方について

入社祝い金とはなにか

入社祝い金とは、求人に応募して採用されると、特別手当として支給されるお祝い金のことです。
企業や求人サイトによっては、入社支度金や転職祝い金などに名称が変わるものもあります。
この入社祝い金が設定されている求人は、急ぎであったり大量採用が目的であったり、応募が少ないので設定されているケースが多く、採用の可能性が高い求人と言えます。
現在では求人サイトなどで設定されているケースが多く、サイトごとに細かいシステムや貰える基準などが違います。
正社員だけではなく、アルバイトやパートなどでも入社祝い金が設定されている場合もあり、より良い応募者を獲得するために設定している企業も増えています。
金額も上下の幅が激しく、採用条件や仕事の内容によって相場が大きく変わってきます。

採用が決まった後の申請と手続きについて

入社祝い金が設定されている求人で、採用が決まった場合は申請方法の確認が必要となります。
企業からの支給の場合は自動的に貰うことができる場合もありますが、求人サイトなどで設定されていた入社祝い金の場合、ほとんどが申請をおこなう必要があります。
申請をおこなっていないと、せっかく採用されても申請期限が切れてしまい、祝い金を貰えなくなるというケースもあるため注意が必要です。
また申請をおこなう前に、対象の登録情報が間違っていないかの確認も必要となります。
登録情報が間違っていると入金処理ができない場合があり、そのまま申請期限を過ぎてしまうというケースもあるので、手続きをおこなう前に情報の確認と、通知が迷惑メールに自動振り分けされないよう指定受信をしておくなど、予め用意を整えておきましょう。

ひな祭りやクリスマス前になると、工場の仕事は超短期の募集が目白押しです。駅からの送迎がついていたり、時間帯もいろいろ選べるので、他のバイトや家事育児との両立もしやすいです。